介護事務資格を職業訓練制度で取得するには?

使える資格を身につけたいと望む方に人気の介護事務の資格ですが、実は求職者を支援するために行われている、職業訓練制度を利用して資格を取得することもできます。

 

今回は、どのようにその制度を利用することができるのが、具体的にご紹介したいと思います。

 

離職中の社会人の方のみ授業料が無料!

ハローワークの職業訓練制度を利用すれば、資格を取得するために受ける授業を無料で受けることができます。

 

授業料は国や自治体の負担となるため無料となりますが、授業で使用されるテキスト代は、自己負担する必要があります。

 

しかしながら、誰でも職業訓練制度を利用して授業料無料で資格を取ることができる訳ではなく、主に離職中の社会人の方を対象に行われている制度となります。

 

失業保険を受給している方で、ハローワークに申し込んだ方が、この授業料が無料の「公共職業訓練」の対象となっています。

 

一方、雇用保険に加入していない方やフリーター、主婦の方においては「求職者支援訓練」という制度を利用することができるでしょう。

 

「求職者支援訓練」を受けることができれば、給付金を受給しながらスキルアップを目指すことが可能です。

 

また、在職中の方や中学や高校の新卒者ですが、それらの方々に関しては有料で資格を取得することになります。

 

いつでも講座を受けることができるの?

ハローワークの職業訓練制度で介護事務の資格を取得しようと思う場合には、民間の学校が実施しているクラスに参加することになります。

 

そのため、ひとつのクラスや講座に対して定員数が定められており、いつでも自分の好きなときに講座を受講できる訳ではありません。

 

あらゆる年代の方に人気の資格である介護事務の資格の場合、講座受講の期間自体は短くても、定員数の空きがなく、職業訓練制度を利用して資格を取得することが難しい場合もあるかもしれません。

 

そのような場合において、もしも早く介護事務の資格がほしいと望んでいるのであれば、ハローワークを通さずに、資格を取得することも考慮する必要があるでしょう。