介護事務資格(ケアクラーク)を取得するには?

介護事務イラスト

 

高齢化社会がますます進む日本において、介護に関連する仕事の需要が高まっています。

 

介護の仕事の中には、「介護福祉士」や「ケアマネジャー」「ヘルパー」以外にも、介護事務という専門職も存在します。

 

介護事務は、別名「介護保険請求事務」「ケアクラーク」と呼ばれています。

 

主な仕事は、介護報酬を利用者と市町村に請求すること。呼び方は異なりますが、業務内容や求められるスキルはまったく同じです。

 

それでは、

介護事務になるにはどうすればよいのでしょうか?

どうやっったら資格は取得できるのでしょうか?

オススメの資格はあるのでしょうか?

 

当ページでは、介護事務の資格取得方法・効率的な学習方法・講座を選ぶ際に気をつけるポイントについて解説しています。

 

それでは、一緒にみていきましょう!

 

介護事務の資格とは?

介護事務イラスト

介護事務はすべて「民間資格」

まずは、資格の必要性や重要度、種類についてカンタンに触れておきます。

 

介護事務に関連する資格は、すべて含めると10種類以上あります。ただし、医師や看護師、弁護士のような国家資格として認められている資格は一つもありません。

 

医療事務と同様、介護事務の資格は、業界団体や教育機関で独自の検定試験が実施されている民間資格。これらを総称して「介護事務の資格」と呼んでいるのです。

 

ですから、就職にあたって絶対に必要なものではない、という点をはじめに理解しておきましょう。

 

介護事務の資格一覧

代表的な資格は以下のとおりです。

資格名

認定団体

スクール

介護事務管理士 技能認定振興協会 ユーキャン、ニック
ケアクラーク 日本医療教育財団 ニチイ
介護事務実務士(R) 医療情報福祉実務能力協会 ヒューマンアカデミー
介護報酬請求事務 日本医療事務協会 日本医療事務協会
介護管理専門秘書 日本能力開発推進協会 キャリアカレッジ
介護事務技能認定 EDC医療福祉学院 EDC医療福祉学院
介護保険事務能力認定 福祉サービス第三者評価機構 藤仁館学園
介護保険事務管理士 日本病院管理教育協会 認定校(大学・短大・専門)
介護保険事務士 つしま医療福祉研究財団 認定校(大学・短大・専門)

受験資格はある?

上の表を見てもわかるように、介護事務に関する資格はさまざまな団体で認定されています。

 

多くの資格試験は、「年齢」や「実務経験」が問われないので、どなたでもチャレンジすることができます。そのため、多くの主婦や社会人、学生が受験しており、人気資格となると年間の受験者数が5万人を超えるものまであります。

 

ただし、大半の資格が「指定カリキュラム」を修了しないと、受験資格がもらえません。つまり、介護事務の資格は独学で取得することは難しく、何かしらの講座を受講する必要があるのです。

 

資格を取得するメリット

資格を取得メリット(ひよこ)

 

では、多くの人が受験している介護事務の資格は、持っているとどんな時に役立つのでしょうか。

 

役立つのは主に、

@就職活動

A実務面

においてでしょう。

 

@就職活動

履歴書に取得した資格を記載することで、書類審査時に自分をアピールすることができます。

 

ご存知のとおり、介護事務の専任スタッフは非常に人気があり、募集があってもすぐに枠が埋まってしまいます。そんなとき、「資格」や「実務経験」があれば優先的に採用される可能性が高まります。

 

さらに、ここから先はあまり知られていない話ですが、待遇の良い好条件の求人案件は、資格を認定する団体や教育機関(講座)で個別に募集されています。

 

実際、求人サイトなどで検索してみると、介護事務の求人案件って意外と少ないと思いませんか?

 

これは介護事務の求人を一般公開すると、応募が殺到してしまうから。そのため、介護施設や企業側も効率よく採用活動をおこなうために、講座などで専門の知識とスキルを身につけた人材に絞って募集をかけているのです。

 

つまり、介護事務として本気で働きたいのであれば、講座を受講後「就職サポート」を利用して希望の施設を紹介してもらうのが一番の近道なのです。

 

A実務面

「資格」そのものより「勉強」こそ大事。資格の勉強は、実務経験を積む手段と考えてください。

 

介護事務は奥が深い仕事。知識や技術に専門性があり、適正も求められる職業です。そのため、「レセプト計算」や「介護保険制度」を事前に勉強しておくと、スムーズに仕事をスタートさせることができるでしょう。

 

また、介護事務として就職した場合、5千円〜3万円程度の「資格手当て」を支給している施設も多いです。通信講座であれば3万円程度で資格が取れるので、すぐにモトは取り返せます。

 

資格を取るからどうか迷ったら、「まずは実務経験のため」と割り切り、積極的にチャレンジすることをオススメします。

 

失敗しない!講座選びのポイント

介護事務ポイント

 

実務経験がなくても、受験できるのが魅力の介護事務資格。

 

でも、たくさんある講座の中から一体どれを選べばいいんだろう?

 

と悩んでしまう人も多いはず。

 

たしかに、有名ドコロだけでも「ユーキャン」「ニチイ」「日本医療事務協会」等など…それぞれ学習内容や取得できる資格も異なるので、迷ってしまうのは当然です。

 

せっかく、お金と時間を投資して勉強する訳ですから、絶対に後悔だけはしたくないですもんね。

 

そんなときは、まずは無料で講座のパンフレットを取り寄せて、各講座の違いを比較してみることから始めると良いですよ。

 

パンフレットには、カリキュラムや料金、取得できる資格などが分かりやすく書かれています。ほかにも、受講生の体験談や仕事の将来性、現場で働く先輩の声などが豊富に掲載されていて、とても参考になります。

 

さらに、一括資料請求サイト「ブラッシュアップ学び」を利用すれば、たった1回の入力で複数の講座から資料を取り寄せられるので手間もかかりません。

 

資料の中身を確認するとわかるのですが、「えっ本当に?」ってくらい合格率や就職実績に差があります。受講後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないように、中身をしっかり確認してから申し込みましょう。

 

資料の請求は、ホントに簡単で1分もあれば終わります。たったこれだけで、失敗するリスクを避けられるので使わない手はありません。

 

もちろんサービスはすべて無料。資料を取り寄せて、雑誌感覚でパラパラと眺めてみるだけでも色んな情報が知れるので楽しいです。

 

気軽に試してみてください。

 

資料の無料一括請求はこちらです!

 

講座を比較するなら?

ブラッシュアップ学びキャプチャ

 

スクール掲載量No.1の一括資料請求サイト「ブラッシュアップ学び」。ニチイ・ユーキャン・ヒューマンアカデミー等など…評判の高い介護事務の講座を一覧比較&一括資料請求ができるので便利です。

 

講座を選ぶ際は、以下のポイントをかならずチェックしましょう!

@カリキュラムの内容

A教材のわかりやすさ

Bトータルでかかる費用

C就職サポートの充実度

D期間限定の割引情報

 

前向きに受講を検討している方はもちろん、どうしようかお悩み中の方も、パンフレットに一度目を通してみることをオススメします。

 

現役・介護事務スタッフのインタビュー記事や業界のリアルな動向が、写真やデータ付きで分かりやすく書かれているので、「介護事務」に関する疑問がすべて解消されますよ。

 

資料の無料一括請求はこちらです!

 

資格の勉強方法はこの3つ

前述しましたが、介護事務として働きたいなら、資格の取得が一番の近道になります。

 

勉強方法には「@通信講座」「A通学講座」「B独学」の3つがあります。それぞれのメリット&デメリットをよく確認し、あなたに最適な方法を選びましょう。

 

通信講座で学習する!

自宅で手軽に学べる通信講座は、最も人気のある学習方法です。

 

メリットは、

費用が安く抑えられる

家事や子育ての合間に勉強できる

修了後に就職サポートを受けられる

 

などがあげられます。

 

通学制に比べると、学習期間は多少長くなってしまいますが、仕事や家事が忙しくてスクールに通うのが難しい人にオススメの勉強法です。

 

「通信講座」のメリット&デメリットを詳しくみる!

 

通学講座で学習する!

通学講座は、短期間で資格を取得したい人向けの学習方法。ただし、そのぶん通信講座に比べて費用は若干高めです。

 

日中だけでなく、夜間や土日に受講できる講座もあります。お金と時間に余裕があり、「1日でも早く現場に出て働きたい!」と考えている人にオススメの勉強法です。

 

「通学講座」のメリット&デメリットを詳しくみる!

 

独学で学習する!

独学は、とくに実務経験者のステップアップに適した学習方法。通信や通学講座に比べて費用は安く済みますが、取得できる資格が限定されてしまうデメリットがあります。

 

正直、初心者や未経験者にはあまりオススメできません。すでに経験がある人であれば、検討してみるのも良いでしょう。

 

「独学」のメリット&デメリットを詳しくみる!

 

オススメの学習方法は「通信講座」

通信講座イラスト

 

即戦力として働ける知識やスキルを、効率的に身につけたい方にオススメなのが「通信講座」。

 

自宅で手軽に学習できるうえ、トータル3万円弱で「資格取得から就職先の紹介」までフルサポートしてもらえるのが最大の魅力です。

 

人それぞれ金銭感覚の違いはあると思います。でも、一生モノの資格がとれて、就職先まで見つけてもらえて「3万円」なら、とってもお得だと感じませんか?

 

学習方法には、ほかにも「通学制」のスクールがありますが、単純に資格を取るだけなら学校に通う必要までないでしょう。

 

介護事務の難易度はそれほど高くありません。試験ではテキストや資料を持ち込みこともできますし、最大の難関「レセプト作成」も、事前に何度もトレーニングしておけば誰でも合格可能です。

 

そう考えると、わざわざ高い学費を払ってまで学校に通う必要性は考えられません。それよりも、「ユーキャン」や「ニチイ」などの手軽に学べる通信講座で勉強したほうが、ムダなお金もかからず効率的です。

 

ほかにも、独学で学ぶ方法があります。しかし、独学だから「まったくお金がかからないのか?」と言われれば、そんなことありません。実際に計算すると、必要なテキストをすべて揃えるだけで約1万5千円、さらに試験の受験料をプラスすれば最低でも2万弱はかかってしまいます。

 

通信講座の場合、メインのテキストだけでなく、実務でも使える「介護レセプト用紙集」や「サービスコード表」などの副教材も付いてきます。当然ですが、一般では市販されていませんので、書店やAmazonでは手に入りません。

 

そして何といっても、独学の場合、わからない部分が出てきた時に、すべて自分で解決しなければいけないのが大変です。いちいち調べていたら時間がかかるし、途中で挫折してしまう人も多いのです。

 

通信講座なら自分一人では解決できない問題が出てきても、サポートでわかりやすく丁寧に解説してもらえます。間違って覚えてしまう心配もないので、安心して勉強を続けられるでしょう。

 

このように考えると、それほどお金を掛けずに短期間で学べる「通信講座」がもっとも効率の良い学習方法だといえます。

 

まるっきりの初心者、もしくは未経験者で、いきなり介護業界に飛び込むことに不安を感じる人は、通信講座の受講を検討してみてはいかがでしょうか。

 

通信講座の資料を一括請求する【無料】

 

介護の現場で働きながら覚えることも可能?

介護事務スタッフの疑問

 

前述しましたが、介護事務に「国家資格」はなく全て「民間資格」になります。

 

そのため、未経験でも働ける求人案件さえ見つけることが出来れば、資格を持っていなくても仕事には就けます。

 

そういったケースでは、実際に働きながら「介護保険レセプト(介護給付費明細書)」の作成方法を学んだり、そのほかの「受付事務」の仕事を覚えたりします。

 

運良く人手が足りている介護施設であれば、リーダーや先輩にじっくり仕事内容について教えてもらうことも出来るでしょう。

 

しかし現在、介護業界は深刻な人手不足が問題になっています。そのため、多くの施設では、入ってきたばかりの新人に「手とり足とり」「一つ一つ」丁寧に仕事を教えている暇はありません。

 

もし、あなたが経験や知識を全く持たずに仕事に就いたとします。慣れない介護事務の仕事をこなしながら、その合間に独学で勉強して、自分なりに覚えていくことができますか?

 

きっと難しいでしょう。

 

だからこそ、たとえ未経験から仕事に就ける求人があったとしても、事前に通信講座などを活用して必要な知識やスキルを身につけておくことが大切なのです。しっかりと準備をしておくことで、慣れない職場でもスムーズなスタートが切れるでしょう。

 

人手の足りない施設側としても、即戦力としてすぐにでも能力を発揮できる人材が欲しい、というのが本音です。

 

いきなり現場に出されて、右も左も分からずに苦労するのは、あなた自身です。

 

介護事務の仕事に就きたいのであれば、余裕を持って仕事に取り組むためにも、あらかじめ資格は取得しておくことをオススメします。

 

失敗しない!通信講座を選びポイント

ブラッシュアップ学びキャプチャ

 

スクール掲載量No.1の一括資料請求サイト「ブラッシュアップ学び」。ニチイ・ユーキャン・ヒューマンアカデミー等など…評判の高い介護事務の講座を一覧比較&一括資料請求ができるので便利です。

 

講座を選ぶ際は、以下のポイントをかならずチェックしましょう!

@カリキュラムの内容

A教材のわかりやすさ

Bトータルでかかる費用

C就職サポートの充実度

D期間限定の割引情報

 

前向きに受講を検討している方はもちろん、どうしようかお悩み中の方も、パンフレットに一度目を通してみることをオススメします。

 

現役・介護事務スタッフのインタビュー記事や業界のリアルな動向が、写真やデータ付きで分かりやすく書かれているので、「介護事務」に関する疑問がすべて解消されますよ。

 

資料の無料一括請求はこちらです!

更新履歴